みどり丘幼稚園

お知らせ

冬休みGH 遊びの様子♪ ①

元気いっぱい! コマ回しや凧揚げあそび♪

○冬休みGH(12/25~12/30)の子ども達の活動の様子です♪ コマ回しをしたり、凧揚げをしたり、ラジオ体操やマラソンで寒さを吹き飛ばして、元気な心と体を育んでいます!

○特に、コマ回しでは年長児が夢中になって取り組んでいます。まずは『ひもを巻く』という、コツが要求されるポイントからのスタート! 難しくても、何度も何度も挑戦し、回ったときの達成感!! コマ回しの達人が、続々と誕生しています!
2021/01/05

冬休みGH 遊びの様子♪ ②

体操や、サーッキトあそびを展開中♪

○遊戯室では、体操をしたり、巧技台を使ったサーキットやボール遊びを経験しています!
2021/01/05

冬休みGH 遊びの様子♪ ③

ぐるぐるジャンケン! ジャンケンポン!

○園庭では、ぐるぐるジャンケンに熱中する姿や、竹馬・スクーター・砂場でごっこ遊びなどを楽しむ姿が見られます。

○年長児の保育室では、絵本を読んだり、三つ編みに取り組んだり、自分で選んだ活動を満足いくまで集中しています!
2021/01/05

門松づくり

新年に向けて、歳神様をお迎えする準備

12/25(金)
○早朝より、運転手の皆さんが幼稚園中央玄関前に【門松】を作って下さいました。ふくろうの森や裏山の松や竹を使って、上手に仕上がっていきます。時折、手を止めて全体のバランスを皆で確認! 「もうちょっと、左かな?」「こっちはどうや?」等々、チームワークもバランス感覚も手際の良さも抜群の腕前を発揮。立派な門松に、きっと歳神様もたくさんの福を運んできてくれることと思います。ありがとうございました!

(※「門松とは」…正月に家の門の前などに立てられる松や竹を用いた正月飾り。“松は千歳を契り、竹は万代を契る”と言われ、歳神様の依代の永遠を願います。歳神様は、この門松を目印に降臨されると言われています)

○子ども達は、出来上がった門松を見ながら【日本の伝統文化】に親しみました。「この木は何か知ってる?」 さすが、年長児は毎年、年末年始に学んでいるだけあって、詳しく名前も由来も発表していきます。

 皆様のご健勝とご多幸を 心よりお祈り申し上げます。
2021/01/04

楽しい クリスマス会☆

サンタさんが来てくれたよ!

12/22(火)
○クリスマス会では、サンタさんが来てくれました♪ 大阪府のレッドステージ発令を受け、感染症対策を十分に講じながら『二部制』で開催し、密を避けた安全で健康な環境を整えました。

○園長 三浦瓔子先生は、サンタさんととっても仲良し! 楽しいインタビューやダンスの時間を過ごし(ノルウェーから来てくれたそうです!)、クリスマスツリーの下には、いつの間にかたくさんのプレゼントがありました☆
2021/01/04

クリスマス コンサート♪

年長児コーラス 【エンジェル・リーフ】

○毎年、年長児“こどもコーラス”が活動する【エンジェル・リーフ】。今年は、withコロナの生活で、歌いたいけど歌えない時がありました。活動そのものを自粛する期間もありました。発表を予定していた、能勢町文化フェスティバルも中止になりました。保護者コーラスとして、PTAみどり会“グリーン・シーズ”の活動も中止になりました。それでも、子ども達の《心躍る表現活動》《育まれる感性》を、絶対に大切に守りたい。何とか発表できるようにしてあげたい。園長 三浦瓔子先生の熱い思いが実現し、感染症対策を十分に講じながら、このクリスマスコンサートを開催しました。

○発表の曲目は、【第九 歓びの歌】と、【ビリーブ】です。どちらも、一番だけの発表となりましたが、会場いっぱいに響き渡った美しい歌声と、子ども達が精一杯歌う表情、それを静かに集中して聴き応援する先生と子ども達。コロナにも負けません。誰も、子ども達の生きようとする成長を止めることは出来ません。

○コーラス隊の皆さんに、感動と勇気を、そして未来に生きる強い歓びのパワーをもらいました。ありがとう! ありがとう! ありがとう!
2021/01/04

赤い帽子、白いおひげ♪

手遊び「サンタクロースのおじいさん」

○楽しい手遊び
『赤い帽子 白いおひげ サンタクロースのおじいさん こんにちは トントントン こんにちは トントントン 良い子はどこだとやってきた』♪
2021/01/04

クリスマスのお話 ①

ペープサートを使って、楽しい劇の始まり!

○ペープサートの『子丑寅卯辰未 午未申酉戌亥』! そして、サンタさんとネコさんが登場する、楽しいクリスマスのお話♪
2021/01/04

クリスマスのお話 ②

十二支の動物達と一緒に♪

○ふくろうの森から遊びに来てくれた、十二支の可愛らしい(!?)動物達の皆さん♪ サンタさんにプレゼントを頂き、大喜びで森に帰って行きました! 来年の干支『丑年』も、皆が健康で幸せに暮らせますように♪

○もちろん、ネコさんとも仲良く幸せに暮らしましたとさ、めでたし めでたし☆
2021/01/04

サンタさんが保育室に来てくたよ! ①

サンタさんが、サプライズで登場! 

○先生達も、子ども達も、突然のサンタさんの登場にビックリ仰天!! 一部屋一部屋、ゆっくりと保育室を回って、プレゼントを届けてくれました♪ 
2021/01/04

サンタさんが保育室に来てくたよ! ②

嬉しい! ビックリ! サンタさん、大好き!

○嬉しくて、笑顔があふれる保育室! ビックリした後は、サンタさんに駆け寄る子、少し遠巻きに眺める子、自分で作ったクリスマスバックを見てもらう子、等々、全身で喜びを表現していました♪

○2歳児クラスもも組、つくし組、さくらんぼ組、どんぐり組のクリスマスカードです☆
2021/01/04

クリスマスカード ①

プレゼントと一緒に、カードが届きました☆


○年中きく組と、れんげ組

○年少たんぽぽ組と、ちゅうりっぷ組

○年中ばら組と、ゆり組
2021/01/04

クリスマスカード ②

 素敵なカード、ありがとうございました♪

○年長かんな組と、すみれ組

○年長さくら組と、あやめ組

○年少あさがお組と、ひまわり組
2021/01/04

サンタさんと写真撮影の後は♪

来年も、良い子で待っています☆

○サンタさんと写真撮影の後は、「ありがとうございました!」「来年も、良い子で待っています!」

○子ども達は、クリスマスカードを一緒に読んだり、自分で作った“クリスマスバック”にプレゼントを入れて、楽しい時間を過ごしました。

○優しいサンタさん、子ども達に素敵な夢と、希望と、プレゼントをありがとうございました♪ 
2021/01/04

みんなで、大掃除!

年中児の生活の様子♪

12/24(木)
○年中児の保育室では、子ども達が大掃除に取り組んでいました。布巾で机や椅子、ロッカーを拭くグループ。雑巾で床や廊下を拭くグループ。窓やドアを拭くグループ。ほうきと塵取りを使って、保育室の隅々まで掃除をするグループ等々、それぞれが役割分担し、責任もって嬉しそうに取り組む姿が印象的♪ ピカピカで、すっきり気持ち良くなった身の回りに、子ども達も大満足! 歳神様をお迎えする準備も整いました!

○【科学する心を育む】 年中児は『クロッカス』の栽培・観察をしています。(※すくすく農園では、クロッカスを植えて水栽培との生長の違いを楽しんでいます!) どんな花が咲くかな? この日は、芽が出た様子を皆で観察しました!
2021/01/01

マットで、ゴロン!

音体あそびの様子♪

12/17(木)
○講師 水﨑先生の【音体遊び】がありました。年中児は、太鼓等の楽器や手具を用いた『マーチング』。年少児と年長児は、様々な巧技台を組み合わせた『サーキットあそび』。運動神経がオリンピック級に抜群の水﨑先生の提示に惹きつけられ、子ども達の意欲も積極性もグングン高まっている様子。それぞれの年齢に応じた運動の敏感期を、満足いくまで遊び込み経験しました。
2021/01/01

「冬至」って、どういう意味?

就学に向けた、年長児の活動

12/18(金)
○年長児の保育室を覗いてみると…、机に向かって集中しているコーナーがありました♪ 活動の合間を見計らって、「これは何をしているの?」と、そっと子どもに聞いてみました。「え? これは本を作っているの!」(中には、「僕、勉強中」「お兄ちゃんみたいに、宿題してるみたいでしょ!」などなど、それぞれ夢中になる思いのポイントがあるようです♪) 実はこれ、卒園・就学に向けた【世界に一つだけの、自分の本作り】。子ども達が、しっかりと学びを深め、新しい生活へと立派に巣立つその軌跡・過程を、大事に大事に見守っていきたいと思います。

○降園準備を済ませた年長児の保育室では、【冬至】について子ども達と話し合う姿が見られました。「“とうじ”、漢字では“冬に至る・冬至”って書くよ」「一年で最も昼が短く、夜が長い日」「かぼちゃを食べて栄養を付け、身体を温める柚子湯に入って無病息災を願い、寒い冬を乗りきる知恵とされているよ」など、子ども達は自分の生活を振り返りながら、12/21(月)の冬至への思いを深めました。

*「冬至」の別名は、「一陽来復(いちようらいふく)」。冬至は太陽の力が一番弱まった日であり、この日を境に再び運も上昇し力が甦ってくるという意味もあります。子ども達が、温かい光で満たされ、心身共に健やかに過ごせますよう願います。
2021/01/01

がいこつ、怖くないよ!

年中児 成長教育【こどものへや】

12/17(木)
○年中児の成長教育【こどものへや】がありました♪ 園長 三浦瓔子先生の生活教育では、『姿勢の正しさ・美しい立ち居振る舞い』について、自分の体の仕組みを骨の模型を用いて具体的にお話がありました。最初は、見慣れない骨の模型に「怖そう…」と感じていた子ども達も、自分の体が骨でしっかりと支えられ守られていることを学ぶと、「がいこつって、怖くないよ! 大事なんだよ!」と、友達と話す姿が見られました♪

○言語教育では、「五十音の歌」を歌いながら“美しい日本語”の音と文字に親しみました。

○視覚ではなく、触覚(手触り・感触・形・大きさ等)で物を選別する遊びでは、「同じだね!」と友達とぴったり一緒の瞬間を喜び合いました。何度も繰り返して遊びこむことで、感覚が洗練されいきます♪
2021/01/01

お友達と こんにちは♪

年少児 リトミック

12/16(水)
○音楽・リトミック講師による、年少児【リトミック】がありました♪ 音楽に合わせて、「お友達と こんにちは♪ トントントン(→トン トト トン、等のリズム変化する部分です)」と、楽しい時間を過ごしました。

○『雷!(ドーン、と低い音)』『ジャンプ!(ピョン、と高い音)』など、遊戯室内をお散歩しながら、音を聞き分けたりイメージを膨らませたりしながら、感性豊かな子ども達の表現が見られました♪

○園庭では、縄跳びの前段階【腕をしっかりと回転しながら、縄を回して走る】という活動! 走る・腕を回す・縄をしっかりと握る等々、体の各部位を同時にバランス良く調節しながら運動し、年中組の進級へとつなげていきたいと思います。

○【科学する心を育む】 気温調べでは、戸外の様子(霜、氷、木々の変化、落ち葉の様子)などに目を向けながら、自然現象に気付く気持ちや感受性も同時に養っています。百葉箱の温度計のメモリを数えながら、『今日の気温は? 9度でした!』
2021/01/01

ラグビーで遊ぼう

縦割り活動の中で、育ち合う子ども達

12/14(月)
○ラグビーコーチによる、年中児・年長児・小学生の【ラグビーで遊ぼう】がありました♪ 異年齢縦割り活動の中、

『見て学ぶ』
『自分で実践して学ぶ』
『教えることで、改めて気付く学びの場』

 という、自主的・主体的な経験を大切にしています。その中で、価値観の違いや意見の違い、ゲームの進め方に対する違いなど、色々な考え方に触れながら、集団としての自分の在り方【自分軸】が育まれています。
2020/12/31
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51